未分類

イビサクリームは陰部やIラインに使えるの?

更新日:

イビサクリームは陰部やIラインに使えるの?

陰部デリケートゾーンの黒ずみにイビサクリームを試してみたいと思っている人が気になるのはイビサクリームが陰部やIラインに使えるかということがですよね。

私もデリケートゾーンで悩んでいて一番黒ずんでいる部分がIラインの部分なので使えるのか不安でした。

イビサクリームは元々、VIOラインのブリジアンワックスの脱毛サロンが開発した美白クリームで脱毛の施術が終わった

Vライン、Iライン、Oラインにイビサクリームを塗っているため、イビサクリームを陰部やIラインに塗っても全く問題はありません。

イビサクリーム

イビサクリームが
▼返金保証付きで買える▼

Iラインや陰部の黒ずみの原因は何?

ホルモンのバランスの乱れ

女性ホルモンは黄体ホルモンと呼ばれるプロゲステロンと卵胞ホルモンと呼ばれるエストロゲンの2種類がありますが、このプロゲステロンが高まる時期の排卵後にメラニン色素が増えやすくなるため黒ずみが目立つことがあります。

自己流の脱毛方法

アンダーヘアーを処理するのに自分でカミソリで剃る、毛抜きで抜くということをしていると長年、肌にダメージが蓄積されて黒ずみに変化してしまうことがあります。

また黒ずみやニオイが気になりデリケートゾーンを力いっぱいゴシゴシ擦るように洗うことでも刺激になります。

このような刺激を受け続けると肌を守るためにメラニン色素の生成してしまいます。

光(フラッシュ)脱毛やレーザー脱毛

脱毛サロンや美容皮膚科でレーザー脱毛でやけどをする場合がありますその跡が薄くのこりくすみや黒ずみといった状態で残ることもあります。

またレーザー脱毛や光脱毛の施術後の肌は乾燥しやすく、色素沈着になりやすいため保湿ケアや美白ケアが必要です。

下着やナプキンの蒸れ

締め付けの強い下着を履いていると太ももの付け根の部分黒ずみが出来てしまいます。

また、汗や汚れ、経血などで陰部が蒸れたりかぶれるためオリモノシートやナプキンをこまめに変えないでいると色素沈着が起こりやすいです。

肌サイクルの乱れ

生活習慣が不規則だったり、ストレスが溜まっている状態だとホルモンバランスが乱れて肌代謝であるターンオーバーが滞って、本来は新しい肌へと生まれ変わるはずが角質層に黒ずみや色素沈着の原因であるメラニン色素が残ったままの状態になります。

また角質層が分厚くなってブツブツの陰部やIラインになってしまいます。

イビサクリームの美白成分トラネキサム酸とは?

トラネキサム酸はメラサイトという細胞からのメラニン色素の生成の指令を止める働きがあります。

なので黒ずみや色素沈着の原因であるメラニン色素を作り出すまえにブロックするのです。

肌荒れや肌の炎症を抑えてくれる効果もあります。

イビサクリームはメラニンの生成をブロックして色素沈着や黒ずみを防ぐトラネキサム酸は入っているので陰部の(大陰唇、小陰唇)にも使用できますが、粘膜の部分には使用できません。

小陰唇はケが生えている部分にしか塗れませんから、粘膜の近くの部分も塗らないように注意しましょう。

またVIOラインにイビサクリームを塗ることができますが、Oラインの肛門の粘膜の部分も使用できません。

陰部に塗る際は粘膜部分にイビサクリームがつかないようにしましょう。

イビサクリーム無添加の日本製だから安心

イビサクリームはデリケートゾーンにぬれるように国内の工場で生産されて、刺激がないように無添加の美白クリームにこだわっています。

合成香料、着色料、鉱物油、アルコール、パラベンが不使用でこだわりのある美白クリームです。

イビサクリームが
▼返金保証付きで買える▼

陰部やIラインの黒ずみをイビサクリームで解消しよう

女性にとって、陰部やIラインの黒ずみがある状態は許しがたいものです。

薄着になったり水着を着たりする季節が近づくと、しっかりとイビサクリームをしておきたいと思うようになります。

しかし、イビサクリームが完了したら全ての問題が解決するのかというと、そう甘くはありません。

脱毛の処理が終わったときに、別の悩みを抱えてしまう女性は意外と多いのです。

イビサクリームをすると、ツルツルの魅力的な肌が手に入ります。

ところが、デリケートゾーンを見てみたときに大きなショックを受けてしまうこともあるのです。

とりわけ多くの女性が悩まされるのは、デリケートゾーンの黒ずみだといえます。

せっかく美しい肌になれたと思ったのに、見た目の印象が悪い色になっているのでは意味がありません。

これでは水着を着ることは不可能です。

デリケートゾーンの黒ずみに対処したいときは、無理に洗ったりしても、ほとんど効果を期待することはできません。

大切なことは、なぜ黒ずんでしまうのかを考えることです。

きちんと原因を把握してから対策を立てるようにしないと、余計な時間がかかるだけになってしまいます。

時間がかかったとしても最終的に黒ずみが解消すればよいですが、間違った方法で対処していると解消することはありません。

イビサクリームをしていなかった頃から黒ずんでいる場合もありますが、たいていは脱毛の処理を行ったことが原因となっています。

つまり、脱毛の処理によって肌にダメージが加わり、そのダメージを取り去ることができていないのです。

このまま美白などの対策を取ろうとしても、ほとんど成果が出ないのは当然だといえます。

まずはデリケートゾーンの黒ずみをなくすことの前に、脱毛の処理による肌のダメージを取り去ることを考えなければなりません。

最初にやらなければならないことは、しっかりと保湿するように心がけることです。

肌が乾燥したままの状態では、ダメージが残りやすくなってしまいます。

保湿しないまま黒ずんだ肌に対処するよりも、十分な保湿をした上で対処する方が高い効果が期待できるのです。

肌のダメージを取り去ってからデリケートゾーンの黒ずみに対処すると、美白成分が肌へと浸透しやすくなり、結果として色の問題も解決できるようになります。

美白成分が浸透しやすい肌になるためには、じっくりと時間をかけてケアを続けていくことが大切です。

保湿にかける時間が足りないと、美白のためのケアで再びダメージが加わることになってしまいます。

-未分類

Copyright© イビサクリームの口コミや効果を検証!40%OFFで購入はここから , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.