未分類

イビサクリームは顔のシミにも使える?

更新日:

イビサクリームは顔のシミにも使える?

顔シミ

イビサクリームは顔のシミ効果はあるのでしょうか?デリケートゾーンや脇の黒ずみには使えるけど、顔にも使えることができるのでしょうか?

顔のシミやそばかすに使えるならデリケートゾーンなど他の部分と同時に黒ずみケアができますよね。

そこで、イビサクリームが顔のシミ、そばかす、肝斑、顔に出来た色素沈着にも使えるのか調べてみました。

するとイビサクリームは顔のシミやそばかす、色素沈着、肝斑などのケアに使うことがわかりました。

イビサクリームが顔のシミケアができる理由

イビサクリーム美白成分のトラネキサム酸で穏やかに美白
無添加だから敏感肌でも安心

トラネキサム酸はメラニン色素を排出するだけではなく、新たにできるメラニン色素を作らせないようにブロックし、顔のシミや色素沈着、肝斑に効果もあります。

イビサクリーム

イビサクリームが
▼返金保証付きで買える▼

顔にシミが出来てしまう理由を解説

まずは、なぜ顔にシミやそばかすが出来てしまうかを理解することで、どの美白商品が効果がありそうか使う前に検討がつきます。

顔のシミが出来る仕組みを理解しておきましょう。

紫外線などの外部から刺激を受ける

肌の表面に日焼けなどで紫外線から刺激を受けたり、傷が出来てしまう、掻いてしまうことも外部からの刺激になります。

メラサイトという細胞から命令

肌の細胞が紫外線や外部からの刺激を受けると肌を守ろうと肌細胞にあるメラサイトという細胞にメラニン色素を生成するように命令します。

メラニン色素が過剰に生成

外部に刺激を受けた部分に過剰にメラニン色素が過剰に作られます。

メラニン色素が角質層の一番奥に沈着

お肌のターンオーバーが悪いと、新しい肌細胞へと生まれ変わることができずに、シミやそばかすなどの原因であるメラニン色素がいつまでも排出されずに、角質層へ残ったままの状態がシミや色素沈着が出来た状態です。

イビサクリームが
▼返金保証付きで買える▼

イビサクリームのトラネキサム酸の働きとは?

どんな仕組みでシミが出来できるのかがわかったところで、イビサクリームの美白成分であるトラネキサム酸の効果を見ていきましょう。

トラネキサム酸はメラニン色素の生成を抑制する働きがあるのですが、これはダメージを受けた肌細胞からメラサイトへメラニン色素を作るように指令を出します。

その時にプロスタグランジンという情報伝達物質をブロックする働きがあるためメラサイトへの指令が届かず、メラニン色素が作られなくなるという仕組みです。

この効果、メラニン色素を作られるのをブロックすることで、シミ、色素沈着そばかすを予防、作られるのを防ぎます。

肝斑の原因はタンパク質分解酵素のプラスミンですが、このトラネキサム酸は抗プラスミン効果がありますから、肝斑が作られるのも防いでくれます。

無添加の美白クリームだから顔にも安心

イビサクリームは合成香料、着色料、鉱物油、アルコール、パラベンが不使用なので敏感肌や乾燥肌など肌が弱いと悩んでいる人にも使用できる美白クリームで赤ちゃんが使えるほどやさしい成分で作られています。

日本製なので海外製の刺激が強いものとは違い日本人の肌に合わせてクリームが作られています。

イビサクリームは顔に使ってもOK!気を付けることは?

イビサクリームは顔のシミや色素沈着、肝斑にも効果があり、顔に使ってもまったく問題ありません。

副作用の心配も少ない肌に優しい成分なのでデリケートゾーンをはじめ、顔や脇など体の黒ずみが気になるところに塗ることができます。

顔に塗る注意する点は?

顔には粘膜部分があり、イビサクリームは粘膜部分には塗ることができません。

ですから目の周り、鼻の周り、口の周りに塗る場合は気を付けて塗るようにしましょう。

目の中、鼻の中や口の中に入ってしまった場合はすぐに水で洗い流すようにしましょう。

-未分類

Copyright© イビサクリームの口コミや効果を検証!40%OFFで購入はここから , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.