未分類

ココナッツオイルでデリケートゾーンの黒ずみは綺麗になるの?

投稿日:

ココナッツオイルでデリケートゾーンの黒ずみは綺麗になるの?

ココナッツオイルでデリケートゾーンの黒ずみに効果があると雑誌でも特集されていることもあって、自宅でできる美白ケアとして話題になっていました。

まずはどうしてくデリケートゾーンに黒ずみができてしまうのかを調べてみました。

若い女性に人気の高いスキニーパンツなど、体のラインにフィットするパンツはスタイルを美しく見せることが出来る反面、肌を締め付けてしまうため動いた時などに衣類が皮膚を摩擦してしまいがちです。

脚などの部位は角質層が厚いため外部からの刺激にも強いですが、デリケートゾーンの部位はパンツやサイズの小さな下着を着用していると、常に摩擦を受けている状態となり、肌が色素沈着を起こしてしまう危険があります。

デリケートゾーンの色素沈着は、通常肌のターンオーバーが正常に行われると自然と黒ずみを起こした角質が排出されていきます。

しかし摩擦を常時受けて皮膚がダメージを受けてしまっていると、肌を保護しているバリア機能が正常に機能しなくなってしまうので、通常よりも外部からの刺激を直接受けてしまう悪循環を起こしてしまうのです。

そのため肌の色素沈着を改善するためには、普段のスキンケアを見直して肌のコンディションを正常な状態に整えてあげることが重要になってきます。

一般的にデリケートゾーンの黒ずみを改善する方法としては、美容皮膚科クリニックや美容外科クリニックなどの医療機関に相談をして、レーザー治療を受けるか医師から処方された医薬品を利用して美白ケアを行っていくことが一般的です。

しかし自由診療のため治療費が高額になってしまうデメリットがあるため、もっと手軽に自宅で美白効果のあるスキンケアを行いたいと思っている方におすすめなのが「ココナッツオイル」を利用する方法です。

ここで有効と言われているのがなのがココナッツオイルでの美白自宅ケアなのです。

ココナッツオイルには分子量の小さい中鎖脂肪酸が含まれており、直接肌に使用するとすばやく浸透し保湿する効果が期待できます。

またオイルにはラウリン酸が多く含まれているので免疫力強化・抗菌作用・抗炎症作用がターンオーバーを促進させてくれる効果が得られるのです。

市販されているスキンケアに使用するオイルというと、肌に直接使用するとベタつきを感じてしまうと感じる方は多いです。

しかしココナッツオイルは24℃以下だと薄いバタ-色の固形状、それ以上の温度では液状となる特徴があるので、普段は冷蔵庫に保管しておき使用するときだけバターナイフで少量取って、手のひらになじませておくとサラッとしたオイル状になります。

あとは黒ずみが気になるデリケートゾーンにお風呂上がりなどに適量を伸ばすことでケアは完了です。

オイルの分子量が小さいため浸透率が高く、肌の潤いを保ってコンディションを整えてくれる効果が期待できます。

それではココナッツオイルで黒ずみや色素沈着にチャレンジした人の口コミを見てみましょう!

ココナッツオイルで黒ずみが対策できると聞いて、肌に塗るので香りなしのココナッツオイルを購入しました。

黒ずみが気になっているVラインにお風呂やシャワーを浴びた後に塗っていましたが、塗り心地はオイルなのでベタベタしたらイヤだなと思っていましたが、さらっとしていて塗りすぎなければすぐにパンツが履けました。

毎日、寝る前にココナッツオイルを塗って2ヶ月試しましたが、カサカサだった肌がツルツルになってきましたが肝心の黒ずみには効果がまったくありませんでした。

なぜ、ココナッツオイルはデリケートゾーンの黒ずみに効果がなかったのでしょうか。

ココナッツオイルには肌のターンオーバーを高める効果や肌の保湿効果を改善する効果は確かに期待できるのですが、黒ずみや色素沈着の原因となるメラニンに働きかける効果がありません。

美白クリームなどはこのメラニンの生成を抑えたり、メラニンを排出させる働きがある成分が配合されているのでココナッツオイルではメラニンをなくすには全く力不足といえます。

-未分類

Copyright© イビサクリームの口コミや効果を検証!40%OFFで購入はここから , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.