未分類

豆乳ローションでデリケートゾーンの黒ずみは解消できるの?

投稿日:

夏の季節は水着を着用する予定がある方は多いですが、デリケートゾーンの部分が色素沈着を起こして黒ずみが目立つと、せっかくの気に入った水着も自信を持って着ることができないと悩んでしまう方は多いです。

下着などの締め付けが起こりやすいビキニラインなどのデリケートゾーンは、体の皮膚の中でも特に角質層が薄い特徴があるので、外部からの摩擦や刺激を受けやすく、肌を保護しているバリア機能が摩擦で破壊されてしまうことで肌が乾燥し、メラニン生成をしてしまうことで黒ずみが起こってしまうのです。
そのため肌に出来てしまった色素沈着を改善したいなら、普段のボディケアを見直して十分な保湿で肌のコンディションを整え、ターンオーバーを正常な状態にすることが重要になってきます。

色素沈着を起こしてしまっている部分は古い角質が蓄積しやすいため、ピーリングケアを念入りに行う方は多いですが、多くは角質ケアを行った後の保湿を疎かにしてしまいがちです。

これではせっかく古い角質を除去しても、肌バリアが無いことで再度黒ずみを引き起こす悪循環を起こしてしまいます。

そのためデリケートな状態になっている皮膚を保護するためにも、刺激が少ない豆乳ローションを利用した保湿ケアを行うことをおすすめします。

豆乳ローションに含まれる成分には、ダイズ種子エキスやマンダリンオレンジ果皮エキス、イリス根エキスが配合されています。

肌に潤いを与えてキメを整えることが出来るので、肌のコンディションをきちんと整えてくれる効果が期待できます。

またローションにはテトラヒドロピペリンと呼ばれる成分が配合されていますが、これは有効成分の肌への浸透性を高め、肌を健やかに保ってくれるので通常よりも保湿成分や美容成分が浸透しやすくなるメリットがあります。

豆乳ローションは保湿成分だけではなく、ダイズ種子エキスとパパイン成分が美白効果があるとして注目されており、パパインで古い角質に含まれるタンパク質を溶かして除去し、しっかり保湿を行うケアが同時に行えます。

乾燥を防いで肌のコンディションを整えるだけではなく、美白ケアも同時に行いたいと思っている方に取って手軽に摂り入れられるスキンケアアイテムです。

デリケートゾーンに利用するので、豆乳ローションを選ぶ際にはエタノールアルコールが配合されていないものを選ぶようにしましょう。安全に使用するためにも手の甲などに使用してパッチテストを行ってから使用することも大切です。

-未分類

Copyright© イビサクリームの口コミや効果を検証!40%OFFで購入はここから , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.