未分類

イビサクリームには副作用があるのか徹底調査

投稿日:

イビサクリームには副作用はあるのか調べてみた!

イビサクリームの特徴としてデリケートゾーンの黒ずみ対策としてケアできる肌への刺激の少ないクリームであることは有名ですよね。

美白クリームでも顔限定だったり、デリケートゾーンや陰部などに塗れないものはいくら肌に優しいと謳っていても本当に敏感肌の人や肌が薄い部分いは塗れないため、本当に肌に優しい美白クリームとは言えません。

イビサクリームはデリケートゾーンや陰部にも使えますし、全身の黒ずみやシミの改善に期待できるクリームですから肌に優しいクリームといえます。

肌に優しい成分で刺激の強い成分を配合していなくても、副作用なしとは言い切れません。

しっかりイビサクリームには副作用がないのかを確認していきましょう!

副作用が確認されたら、どんな副作用なのかなど詳しく調べていきたいと思います。

敏感肌に配慮して赤ちゃんでも使用できるクリーム

イビサクリームはデリケートゾーンに使える美白クリームだけあって副作用や使用に制限があるかどうかイビサクリームの公式サイトで確認しても副作用へのイビサクリームについての忠告や使い方のアドバイスなどはありませんでした。

そこでネットでも口コミを確認して副作用が出た人がいないか確認してみましたが、イビサクリームで副作用が出た、肌トラブルがあったという口コミは1件もありませんでした。

イビサクリームは商品開発の時点で、デリケートゾーンに使用できる美白クリームとして開発されているので敏感肌でも毎日使用でてもいいように作られていますから副作用がめったにでないのです。

公式サイトのQ&Aコーナーでは敏感肌でも使用して大丈夫ですかという質問に、赤ちゃんでも使えるほど肌に優しいクリームとイビサクリームのことを説明していますから、副作用や肌への刺激についてトラブルがないように地開発されたクリームといえると思います。

ビサクリームは無添加にこだわった美白クリームだった

イビサクリームが肌に優しいクリームのこだわりとして5つの添加物が入っていない無添加のクリームということです。

肌のトラブルになりそうな肌に刺激を与えやすい添加物を5種類いれていません。
合成香料
着色料
鉱物油
アルコール
パラベン

の5種類です。

合成香料

イビサクリームは合成香料が配合されていないため、無香料で匂い苦手な人でもストレスなく使用できます。

着色料

着色料の不使用で、白っぽい柔らかいクリームです。

鉱物油

石油を原料としている油で、今ではトラブルが少ないといわれている鉱物油もしっかり排除して肌のことを考えています。

アルコール

アルコールのアレルギーがある人も安心して使用することができます。

パラベン

化粧水などに含まれていることが多い防腐剤のことで、肌のトラブルは少ないですが、防腐剤もより肌に刺激がないものを使用しています。

イビサクリームの有効成分には副作用はないの?

イビサクリームは無添加の美白クリームですが、主成分である有効成分には副作用の可能性があるものは含まれていないのでしょうか。

イビサクリームの有効成分は美白成分のトラネキサム酸と抗炎症成分のグリチルリチン酸2Kの2種類です。

トラネキサム酸は医薬部外品の部類に分けられて、この医薬部外品は効果が認められて商品に表記が許可された成分が配合された製品のことをいいますが、この有効成分かどうかは厚生労働省が認可して国からのお墨付きがついた成分が配合されていると思ってください。

立ち位置といえば、医薬品と化粧品の中間に位置した製品なのです。

イビサクリームの美白成分としてトラネキサム酸が配合されていますが、このトラネキサム酸が厚生労働省に認められていますから副作用で肌への悪い影響がある可能性はとても低いでしょう。

もう一つの有効成分であるグリチルリチン酸2Kは敏感肌やアトピー肌の人向けの基礎化粧品やニキビ改善クリームにも必ず配合されている成分でもありますから、副作用があるとは考えにくいです。

イビサクリームに配合されているグリチルリチン酸2Kの副作用はある?

グリチルリチン酸2Kの特徴は敏感肌用やアトピー肌用の基礎化粧品やクリームに入っている成分の一つで抗炎症の働きが期待できる成分なので、肌が荒れる可能性が高い肌質ため炎症を予防したり、すでに肌が炎症してしまっている状態を抑えるために配合されていることが多いのです。

敏感肌にも使用できる成分ですが、大量に摂取すると副作用が出てしまうことが稀にあるかもしれません。

それはグリチルリチン酸2Kが1日40mg口から摂取すると副作用がでる可能性がありますが、まず、グリチルリチン酸2Kを口から摂取することはありませんから安心してください。

ほとんどはイビサクリームのように肌に塗る場合でもグリチルリチン酸2Kの割合が100グラムあたり0.5パーセント未満と法律で決められていますから過剰に摂取するということはありませんので安心してください。

グリチルリチン酸2Kが原因での副作用や肌トラブルが起きることは考えにくいです。

イビサクリームは植物由来の美白成分も配合

イビサクリームは有効美白成分のほかにも植物由来の肌に優しい成分が4種類配合されています。

サクラ葉抽出液
カモミラエキス
ダイズエキス
オウゴンエキス

この植物由来の4種類の成分には美白成分と保湿成分が配合されています。

植物由来の成分の特徴としては有効成分の効き方が穏やかなのが特徴です、

効き方でいえば化学成分のほうが美白効果は高いかもしれませんが、肌へダイレクトに効果が現れる分、副作用や肌トラブルが現れる可能性も高まってしまいます。

肌への刺激が弱い植物由来の成分をあえて使用することで副作用や肌トラブルが起きないようにしているのです。

イビサクリームは副作用の可能性は少ないけど…

イビサクリームに含まれている成分は副作用がの心配ないことがわかりましたが、肌トラブルが起こってしまう可能性として最後に考えられるのがアレルギーです。

イビサクリームだけではないですが、化粧品などでもアレルギーが出てしまう可能性がある成分が配合されているかもしれません。

自分でも気づかないアレルギーを持っていると、肌がかゆみや赤み、かぶれなどの症状が出ることがあります。

イビサクリームを塗ってかゆみや赤みヒリヒリ感がある場合はアレルギー反応がある可能性が高いため、心配な人はパッチテストをしてからデリケートゾーンに塗るようにしてください。

イビサクリームの成分ではなくアレルギーの問題

アレルギーで肌トラブルが起きてしまった場合は4種類の植物由来の成分が原因であるかもしれません。

サクラ葉は桜、カモミラエキスはカモミール、ダイズエキスは大豆、オウゴンエキスはコガネバナの植物がアレルゲンの原因になってしまう人はアレルギー反応が出てしまう可能性があります。

カモミールはキク科、コガネバナはシソ科なのでこの植物のアレルギーを持っている人は注意しましょう。

アレルギー元が分かっている人はどの成分が配合しているかをしっかり確認してから使用することで肌トラブルから避けられます。

イビサクリームは28日間の返金保証があるから安心

デリケートゾーンを中心とするアンダーヘアのVIO脱毛を中心とする脱毛サロンが開発した美白クリームだけあって肌への刺激や副作用が出る成分を排除して開発された美白クリームです。

美白成分であるトラネキサム酸が肌への負担がもっとも少ない美白への働きがある成分であることを知って、一機にイビサクリームの開発が進んだそうです。

第一に肌への負担が少ないことが条件で作られたイビサクリームだからこそ副作用がないのですね。

もしものために、イビサクリームなら28日間の返金保証があります。

肌トラブルが出てしまうことがあれば、返金保証の特典を受けるようにしましょう。

イビサクリームを試してみて何か肌にかゆみや赤みがあるようなら返金保証ができると思えば安心して試すことができますね。

-未分類

Copyright© イビサクリームの口コミや効果を検証!40%OFFで購入はここから , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.