未分類

デリケートゾーンには低刺激の美白クリームがおススメな訳とは

投稿日:

デリケートゾーンの黒ずみは日差しによる紫外線の刺激ではなくこすれたり、締め付けられたり、何らかの刺激が皮膚内部に伝わり、肌を守ろうとメラニン色素が生成されてしまう事です。

又、ターンオーバーの遅れの場合は、排出されるはずのメラニン色素がいつまでも皮膚に残っている状態が続く事です。

ですから、刺激はなるべく少なくしてあげる事が重要で強い美白クリームの刺激が伝わり、新たにメラニン色素を生成される結果になってしまう可能性が大きくなります。

デリケートゾーンの美白は、刺激の強い美白クリームで急いでケアするよりも低刺激の美白クリームでじっくりと、時間をかけて新陳代謝を活性化し、肌のターンオーバーを加速化させた方が正解と言えます。

黒ずみや色素沈着ができるメカニズムとは?

美白クリームを使用する前に、なぜ黒ずみができるのか1度整理してみましょう。

肌に刺激が加わると、肌の奥にある基底層にあるメラノサイトでメラニン色素が生成されます。
刺激とは、紫外線であったり、物理的な刺激も当てはまりますがデリケートゾーンに限れば紫外線はほぼありませんね。

メラニン色素は日光障害や紫外線を吸収したり、刺激による悪性腫瘍の発生を防いでいるので、とても重要なものです。
しかし、美容や見た目から見ると嫌われる存在です。

肌に刺激が伝わると「エンドリセン」という刺激伝達物質が出動され、メラノサイトに、刺激があるから「メラニン色素」を出して肌を守れ~と、伝えに行きます。

メラノサイトはメラニン色素を作る酵素「チロシナーゼ」を出しメラニン色素が作られていきます。

通常要らなくなったメラニン色素は肌の新陳代謝を経て肌から垢と一緒に脱落していってしばらくすれば、肌本来の白さに戻っていきます。

厄介なのが、肌の新陳代謝で脱落できないメラニン色素です。

メラニン色素には、一過性でできたものの他、ずーと作られ続くもの、通常より肌の奥深いところに作られてしまうものがあります。
その結果、色素沈着してシミになってしまったり、容易に白くならなっくなってしまうものがあります。

黒ずみの場合は、肌の新陳代謝であるターンオーバーを繰り返す事で色が薄くなってくるようです。
しかし、新たに刺激を伝えてしまわぬように気をつける事もとても大事になってきます。いくらターンオーバーですでに出来てしまったメラニン色素を取り除いても新たな刺激で、メラニンを作り続けてしまっては、白くなっていかないからです。

デリケートゾーンには低刺激の美白クリームがおすすめな理由

メラニン色素が出来るメカニズムは理解していただいたと思います。

しかしメラニン色素を取り除くためにはどうしたら良いのかが問題になってきますよね。

実は・・・
既にできてしまっているメラニン色素は、肌のターンオーバーでしか取り除く事ができません。
しかし、この事を知っている人は意外と少ないようです。

美白クリームを塗れば、肌の中にあるメラニン色素が消えてなくなったり、メラニン色素の色が白くなったりするのではないかと勘違いしている人は多いのではないでしょうか。

新たな刺激が加われば、どんどん新たなメラニン色素が作られてしまうので、いくらターンオーバーで古いメラニン色素が脱落しても、追いつかなくなってしまうので新たな刺激を加えない事も大事ですね。

ポイント1:刺激成分を極力減らす

強力な美白効果がある美白クリームでも強い刺激があれば新たなメラニンを作る原因になりかねませんから刺激のある成分が多く使っている美白クリームは使いたくありませんね。

刺激が強い、又は人によっては刺激となるような成分とはどれでしょうか。

<刺激のある成分>
・鉱物油
・パラベン系保存料
・合成香料
・着色料
・アルコール

化粧品に良く入っている、鉱物油系の成分やパラベン系の保存料、合成香料や着色料、アルコールなどはなるべく入っていないものが良いでしょう。

人によっても被れてしまう人もいるくらいです、なるべく配合されていないものを選びましょう。

ポイント2:物理的な刺激も減らす

刺激というのは何も成分だけの事ではなく、外敵刺激も減らすことが良いですね。

<外的刺激>

・毛抜きや光脱毛、カミソリ
・キツイ下着やズボンなど
・自転車、バイクのサドル等
・ゴシゴシ洗う、ゴシゴシ拭く

生活習慣も含めて、刺激を与える可能性があるものは減らしていきましょう。
例えば脱毛、キツイ衣服、自転車サドルなどの直接的な刺激、体を洗う時にゴシゴシ洗ったり、ゴシゴシ拭いたり、刺激は意外と多いものですよね。

>>低刺激の美白クリームで、デリケートゾーンを美白した体験談

-未分類

Copyright© イビサクリームの口コミや効果を検証!40%OFFで購入はここから , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.